スペイン

スペインで牛と本気の追いかけっこ!?サンフェルミン祭と周辺観光

更新日:

牛の写真

あなたは牛乳が好きですか?

 

コクがあって優しい味わい

温めたホットミルクを飲むと心が安らぐ

コーヒーと混ぜてコーヒー牛乳でもおいしい

牛乳と間違えて低脂肪乳を買ってしまった経験一度はありませんか?

 

僕は毎日飲んでいます。

そんな牛乳を作り出してくれる牛に関するお祭りです。

サンフェルミン祭

スペインで毎年行われているお祭り「サンフェルミン祭」についてお話します。

Alexia Tialiouさん(@alexy.at)がシェアした投稿 -

サンフェルミン祭ってどんなことするの?

サンフェルミン祭は別名「牛追い祭り」とも呼ばれます。

牛追いと言っても人が牛を追うのではなく牛に追われます。

 

昔は牛を追っていたんですが時代の流れとともに牛に追われる側になったんだとか。

こっちの方が盛り上がったんでしょうね(笑)

牛追い(エンシエロ)に参加する条件はたった2つ

・18歳以上であること

・ふさわしい恰好をすること

国籍も性別も関係なければ参加料も必要ありません。

白いシャツに赤いスカーフと腰紐さえつけていればあなたも参加できます。

 

参加者がスタート地点に着き、牛の準備が完了したら8:00にスタートの号砲が鳴ります。

闘牛場までの約800m、大量の人と牛が街中を疾走している間、待ち受ける闘牛場では牛の選手紹介が行われていたり。

闘牛場に着いたら一般人 vs 牛の「素人闘牛」が始まります。

 

午後からはプロの闘牛士と牛との本物の闘牛の時間。

布をもってぎりぎりまで牛を引きつけ、何度も華麗にかわすスマートな姿に見とれてしまいます。

 

牛追いや闘牛以外にも巨大人形や音楽隊のパレードにライブなどのイベントも行われており、お祭り開催期間は街中が大騒ぎ。

さすがはスペイン3大祭りの1つですね!みんな楽しそう♪

 

公式HP:http://www.sanfermin.com/en

☆お祭りトークタイム☆

サンフェルミン祭いかがですか?

それにしてもとんでもない人の数ですね…。ベランダからも大勢の人が顔を出しています。

rooney.bangさん(@rooney.bang)がシェアした投稿 -

それにしても闘牛場に一般人がこんなにたくさん入って牛と追いかけっこするって斬新ですね。

牛の角は危なくないように削られているようですが、そうはいっても思いっきり突進されたら痛いもの。

 

それでも毎年何百人もの人がこの牛追いに出場しているそうです。

なぜ彼らは危険をおかしても牛に追われるのか?

 

それは最高の快感が得られるからでしょう。

 

牛に突撃されるのが快感という意味ではないです(笑)

 

 

見ての通り何万人もの人が世界中から集まり、テレビでも生中継され注目されるこの舞台。

 

街を走っている間も大勢の人が騒ぎながら自分を見ている。

闘牛場では牛の猛攻をアクロバティックにかわすたびに会場から大歓声が上がる。

 

そこまで注目される状況普通の人じゃまずありません。

気分はまるで芸能人。

目立ちたがりにはこの上ない快感になるでしょう。

 

 

そしてこの牛に追われると言う非日常的な体験。

 

誰しも日常とは違うことに快感を覚えるってことあると思うんです。

ディズニーランドだってそう、普段と違う世界観にひたれるからあんなに気持ちが高ぶっちゃう。

観客がいる闘技場の中で何かをすることも、牛と戦うこともこのお祭りだからできること。

じゃあ危なくても参加したくなっちゃう人は出てくるでしょうね!

 

 

そんな気持ちで出ているような人たちが面白くないわけがありません。

牛に追われながら全速力で街を駆け抜け、フェイントをかけながら牛をかわして雄たけびをあげる。

それを本気でやっているからおもしろい。

会場はみんな大盛り上がり。

 

 

そしてその後に行われる本物の闘牛は素人闘牛とはまた違った魅力があります。

プロの闘牛士の魅せる闘いは息をするのも忘れて見入ってしまう。

さっきの素人闘牛が芸人の大運動会だとすれば、こちらはオリンピックの100m決勝。

ぶつかるか避けるかのぎりぎりの戦いがまたハラハラさせて楽しくなります。

 

 

そんなおもしろくさも美しさも味わうことができるこのお祭りに参加してみてはいかがですか?

ただし牛追いではけっこうけが人が出るみたいなので、出場するのは要検討です。

サンフェルミン祭はいつ開催?

サンフェルミン祭は例年7月6日から7月14日の9日間開催されるようです。

夏休みをとって大騒ぎしに行ってみたいですね♪

サンフェルミン祭の開催地と周辺の観光地

サンフェルミン祭はスペインのナバラ州パンプローナで開催されます。観光地としては少し離れたところにサラゴサがあるので、この2つをご紹介します。

パンプローナの近くには以前スペインのお祭りワインバトルの記事でも紹介したログローニョバスク地方のビルバオ、ビアリッツもありますので、気になる方はこちらの記事をどうぞ。

スペイン旅行で余生50年分のワインを味わう!ワインバトルと周辺観光

サンフェルミン祭の開催地バンプローナと近くの観光地を記した地図

バンプローナ

バンプローナは中世の名残がそのまま残った古き良き街です。

 

パンプローナに来たからにはまずはここ「カスティーリョ広場」

旧市街地の中心にあるこの広場のまわりには歴史ある美しい建物が立ち並んでいます。

バルやレストランに寄ってお酒とおいしいスペイン料理を楽しみましょう。

Ignacio González Masさん(@reviaje)がシェアした投稿 -

芸術好きには「ナバーラ博物館」

考古学の遺品から美術品まで種類豊富な作品が並べられます。

スペイン最大の画家フランシスコ・デ・ゴヤの作品もありますよ。

パンプローナから少し離れますが、ハビエルにある「ハビエル城」にも行っときたい。

なんとここはフランシスコ・ザビエルの生誕地なんだそう。

日本にキリスト教を伝えた重要人物はこんな城で生まれたのかーってなりますね。

サラゴサ

先ほど紹介した画家フランシスコ・デ・ゴヤの生誕地サラゴサ。

芸術家の感性を養った美しい街並みに魅了されます。

 

まずはめっちゃ豪華な教会「聖母ピラール教会」

教会と言うより王宮みたいな造りですね。内部も豪華で美しい。

エレベーターで塔の上まで登ってサラゴサの街並みを一望しましょう。

どっしりとした古風な造りの「アルフハフェリア宮殿」

中もシンプルな美しさが特徴の落ち着いた空間が広がっています。

のんびりとした空気に心が穏やかになって行きます。

DEiViDさん(@deividtoxic)がシェアした投稿 -

古代ローマ時代の遺跡「カエサラウグスタ劇場博物館」

市街地の中にこんな歴史的な建造物が自然にあります。

まさに芸術の街とでもいうべきか。

Kate Taylorさん(@_kate.taylor_)がシェアした投稿 -

アルハフェリア宮殿をはじめとするサラゴサにある「アラゴンのムデハル様式の建築物」は世界遺産に登録されています。

これらの建築物を回ってスペイン建築の魅力に触れるのも素敵です♪

 

サンフェルミン祭で大盛り上がり→パンプローナの古き良き街でのんびり→サラゴサの世界遺産建築物巡り

そしてさらに時間があれば、バスク地方のリゾートに行ったりログローニョでバル巡りもいいですね。

 

7月にスペインに行ってみたい方はぜひサンフェルミン祭へ!

 

最後まで読んでいただきありがとうございました(^.^)

-スペイン
-,

Copyright© Ring Ring , 2018 All Rights Reserved.