ドイツ

ドイツで命を懸けたワイン一気飲み。マイスタートゥルンクと周辺観光

投稿日:

赤ワインの写真

あなたはお水を一気にどのくらい飲めますか?

 

コップ1杯200mlは全然余裕

ペットボトル500mlもまだ大丈夫

水筒1Lは喉乾いていればいけるかな

大型ペットボトル2Lはなかなかきつい…

 

ここまでくると一気に飲む量じゃないですね。

でもこれよりさらに多い量のワインを一気に飲んで街を救ったお話があるんです。

マイスタートゥルンク

今回はドイツで毎年行われているお祭り「マイスタートゥルンク」についてお話します。

Katerinaさん(@frau_katyuha)がシェアした投稿 -

マイスタートゥルンクってどんなことするの?

マイスタートゥルンクでは17世紀の三十年戦争の最中に起こった、市長がワインを一気飲みして街を救った出来事を再現します。

 

当時、カトリック軍に包囲されて街は焼き払われる直前まで追い詰められました。

その時敵の将軍が3.25Lもワインが入った大杯を見て
「これ一気飲みできるやつがいたら許しちゃるで。」
と言いました。

そこで名乗り出た市長が見事一気飲みに成功し、街を救ったんだとさ。

 

このお祭りでは、中世の町並みがそのまま表現されたような街の中でいろいろなイベントが行われます。

昔の工芸品を売る市場が開かれたり、仮装した人々がキャンプや宴会をしているのに混ざれたり。

一気飲みの出来事を再現した演劇は期間中何回も公演されてる。

羊飼いのダンスや音楽ライブに仮装行列のようなパレードと、4日間にわたって盛りだくさんの内容となっています。

 

それにしてもなかなかユニークな出来事をお祭りにしたものだ。

その分明るくてなんだか楽しそうな雰囲気が伝わってきますね♪

 

公式HP:https://www.meistertrunk.de/en/welcome

☆お祭りトークタイム☆

マイスタートゥルンクいかがでしたか?

それにしてもドイツ人はほんとうに中世大好きですね!

以前ご紹介した中世祭りといい、すぐタイムスリップしちゃう(笑)

ところで、3.25Lのワインを一気飲みってかなりすごいと思いませんか?

水をがぶ飲みしたことある人ならわかると思うんですが、口いっぱいに水がたまったら一回一回飲み込む動作がいりますよね?

でもそれをやると飲むのにブレーキがかかってしまって途中で止まってしまいます。

 

じゃあどうすればいいか

 

飲み込む動作をせずにそのまま胃に流し込むんです。

ビール瓶一気ラッパ飲みをするためには、飲むんじゃなく喉は通過させるだけだとどこかで聞いたことがあるます(危険なのでやっちゃだめ、絶対)。

 

しかしこの技は一朝一夕でできるものではありません。

普通の人なら初めてやったとき、反射が起きて吐き出してしまうでしょう。

 

つまり、この市長一気飲みの熟練者だったんです(笑)

 

「わしが行く。みなは黙ってみておれ」

かっこよくこう言って一気飲みに挑戦し、見事成功して歓声が上がっている間

「いやー、決闘とかだったらこの街燃やされとったわ。得意分野ふっかけてくれてサンキューな、将軍!」

なんて思っていたかもしれません。

 

そう思うとこの市長かわいく思えてきて愛着わきますね♪

ですが、街全員の命を預かって挑戦したその意思は大いに称えられるものです。

きっと素敵な市長だったに違いありません(*´ω`)

 

Aiko Itoさん(@aikovsky)がシェアした投稿 -

そんなユーモアのある出来事を再現した演劇を見たら次は勝利のパレードです。

 

管楽器を吹く王国の軍隊によるたくましい音色が聴こえたと思えば

民族楽器を奏でる平民のにぎやかなメロディーも

子どもから大人まで中世の市民になりきって

全身鎧の兵士やサーカスの団員みたいな人まで

 

次から次へといろんな人が現れて、眺めているだけでもわくわくしちゃいます。

そしてみんな笑顔で最高に楽しそう!

 

こちらは2017年の様子を撮っていたものです。

 

中世を再現した会場でキャンプや宴会に参加して盛り上がり

いろんな工芸品を眺ながらお気に入りを見つけたり

おちゃめな市長が主人公の演劇に見入って、もう心は当時のドイツに入り込む

 

そんな時にこんなパレードが来たら楽しいに決まってます!

 

これに参加したらドイツ人が中世を好きで毎年このお祭りをする理由が分かるかもしれませんね。

中世のすばらしさを実感してみませんか?

マイスタートゥルンクはいつ開催?

マイスタートゥルンクは例年5月に開催されるようです。

GWから連休つなげまくって参加すれば、もう現実には戻ってこれなくなるでしょう…!

マイスタートゥルンクの開催地と周辺の観光地

マイスタートゥルンクはドイツのローデンブルクで開催されます。

ローデンブルクと言えばドイツのロマンチック街道一択なんですが、別の記事でもう紹介してしまったので今回は少し北にあるドイツの窓口フランクフルトをご紹介します!

マイスタートゥルンクの開催地ローデンブルクと近くにあるフランクフルトを記した地図

ドイツ第5の都市であり、金融の中心地フランクフルト。

フランクフルトの空港には日本からの直行便も出ており、他のドイツの空港に比べて便数も多いためここを経由して他の観光地に行くという人も多いでしょう。

でも素通りしていくなんてもったいない!観光地だってたくさんあるんです。

レーマー広場

まずは街の中心にある「レーマー広場」

周りを見渡すと木組みのかわいい家がいっぱい。

広場の中央には正義の泉と呼ばれる噴水もあり、カフェやレストランにお土産屋なども充実しており、フランクフルトに来たからにはここに来なきゃって感じ。

Şahin Birginさん(@sahinbirgin)がシェアした投稿 -

バルトロメウス大聖堂

レーマー広場の近くにはバロック様式の教会「バルトロメウス大聖堂」もあります。

運が良ければパイプオルガンの美しい音色が聴こえてくることも。

外も内もちょっと褐色がかった色合いでなんだか温かい気持ちになりますね。

マインタワー

高いところが好きな方にはこちら「マインタワー」

53階にはレストランもあり、フランクフルトの街並みを眺めながら優雅にディナー。

そして高さ200mの最上階から眺める夜景は一生記憶に残るでしょう。

Jörg Schedlerさん(@neunzehn73)がシェアした投稿 -

ゲーテハウス

ドイツを代表する文豪ゲーテの生家「ゲーテハウス」

誰しも作家や詩人の名言・格言に元気や勇気や力をもらった経験があるでしょう。

数々の名言を生み出したゲーテの家に行けば、あなたも誰かを元気づけられる力が目覚めるかも!

Sangheum Leeさん(@sangheum1)がシェアした投稿 -

モダンアート美術館

フランクフルトにはユダヤ博物館やシュテーデル美術館など、たくさんの芸術作品が納められた観光地がありますが、一風変わった雰囲気を味わいたいなら「モダンアート美術館」

迷路のように入り組んだ館内で、好奇心をそそるアーティステックな世界へ。

@3d_cad_artistがシェアした投稿 -

フランクフルトに着いて観光を楽しむ→ロマンチック街道を南下してメルヘン気分→途中でローデンブルクに寄ってマイスタートゥルンクへ→またロマンチック街道へ

なんてのも無駄がなく中世のよさとドイツのロマンスを味わえる旅になりますね♪

 

ちなみにロマンチック街道の観光地とミュンヘンの楽しいお祭りを紹介した記事はこちら。

ドイツで早朝から踊って飲んでの大騒ぎ!コッハルバルと周辺観光

 

 

5月にドイツに行ってみたい方はぜひマイスタートゥルンクへ!

 

最後まで読んでいただきありがとうございました(^.^)

-ドイツ
-,

Copyright© Ring Ring , 2018 All Rights Reserved.