フランス

フランスでレモンの真の美しさを発見!レモン祭りと周辺観光

更新日:

レモンとオレンジとキウイの写真

あなたはレモンが好きですか?

 

生で食べたらすっぱくて「くぅ~!」ってなっちゃいます。

想像しただけでもよだれが出てきました。(笑)

 

でもちゃんと手を加えればそのすっぱさがたまらないアクセントに

レモンサワー、レモンジャム、レモンのはちみつ漬けにレモンタルト…

 

あまいものばっかり浮かんできました。フルーツって甘いものとの相性いいですしね♪

そんなレモンをたっぷり使ったお祭りがあるんです!

レモン祭り

今回はフランスで行われているお祭り「レモン祭り」についてお話します。

レモン祭りってどんなことするの?

レモン祭りではレモンとオレンジで作った、とにかく派手で大きなオブジェクトが街中に立ち並びます。

 

年度によって全く違ったテーマを掲げているようで

2018年はインドの映画産業「ボリウッド」

2017年はニューヨークの演劇「ブロードウェイ」

2016年はイタリアの撮影所「チネチッタ」

など最近はお芝居に関連するものが多くなっているみたいですね。

そしてもちろん毎年来たくなるようなユニークかつ完成度の高い作品を常に提供しています。

ericaさん(@erycarrie)がシェアした投稿 -

日にちによっては昼のパレード、夜のパレード、夜のライトアップなどのイベントも行われており、街には人がいっぱいに。

パレードではオブジェクトだけでなく踊り子もその周りで踊っており、華やかな舞台を演出しています。

有料席も用意されており、お金を払ってでもこのパレードを特別席で見たいと言う人も多いんだとか。

 

レモン祭りが終わったら、その時使ったレモンやオレンジは格安価格でみんなに売られるそうですよ。

食べるのがもったいなくて記念にとっておきたくなりますね♪

 

公式HP:https://www.fete-du-citron.com

☆お祭りトークタイム☆

レモン祭りいかがですか?

レモンとオレンジを使ってあんなオブジェクトを作るなんてすごいですよね…。

「というかレモン食べるお祭りじゃないんかい!」

なんて思った方もいますでしょうが、イタリアやスペインみたいに投げ合ったりしないだけ十分ましです(笑)

 

ですが果物を使って芸術にするなんてすごいですね。

フランスという国の色が出ているんでしょうか。

 

 

ところであなたは唐揚げにレモンをかけますか?

 

「唐揚げにレモンかけると酸味が加わって爽やかなおいしさになるやんか!」

っていう人と

「唐揚げにレモンなんて言語道断!唐揚げ本来のおいしさを楽しめよ!」

っていう人に分かれると思います。

 

ちなみに僕はレモンかけない派です。

唐揚げ粉にしみ込んだ味だけで食べるのが一番おいしいですよね(^-^)

 

…なのになんでレモンかける派の人って大皿の状態でかけるんですか!!

「レモンかけていい?」

とか聞くわりに返事待たずにかけるし!(笑)

 

そしてレモンかける派の人って割と多いんで、高確率で唐揚げたちはレモンまみれになってしまう。

誰かレモンは小皿に取り分けてから好きな人がかけるシステム作ってほしいですね。

 

ふう、失礼しました。

このお祭りを見つけた瞬間からこの話をしようと心に決めていたのでつい高ぶってしまいました。

 

 

話を戻しますね。

ライトアップされたレモンのオブジェクトも昼とは違った妖艶な美しさを醸し出します。

果物をライトアップすることなんてこのお祭りくらいしかないんじゃないかと思うんで、ここでしか味わうことのできない美しさが味わえますね♪

Alexandre Bargetonさん(@collicalex)がシェアした投稿 -

 

さらに夜のパレードでは花火も打ち上げられるそうで、花火をバックに照らされるレモンのオブジェクトもいっそう素敵でしょう。

やっぱりパレードには花火ですね。花火があることで最後の締めにふさわしいはかなさを演出してくれますもん。

 

 

花火とオブジェクトが一緒に写ったいい写真がなかったので個人的に好きな写真を入れときました(笑)

こんな感じの変わった面白い作品にも出会えるレモン祭り、ここでしか味わえないフルーツの美しさに触れることができます。

 

ちなみにレモン祭りとは違ってかなりデンジャラスなお祭り「オレンジ合戦」についてはこちらから

イタリアでオレンジウォーズ!?オレンジ合戦と周辺観

 

レモンの真の美しさを体験してみませんか?

レモン祭りはいつ開催?

レモン祭りは例年2月中旬~3月初旬にかけて開催されるようです。

フランスの人々は春の訪れをこのレモン祭りで感じているんですね。

レモン祭りの開催地と周辺の観光地

レモン祭りはフランス南西部コートダジュールに位置するマントンで開催されています。マントンの近くにはニースカンヌがあります。

レモン祭りの開催地マントンや近くの観光地ニース。カンヌを記した地図

コートダジュールは南フランス海岸沿いのリゾート地のことを指します。フランスにいながら南国リゾートの気分を味わうことができ、セレブからも愛されるこの地域の観光地にはどんなところがあるんでしょうか?

マントン

マントンで一番人気の観光地「ヴュー・シャトー墓地」

「え、お墓なの??」
と思うかもしれませんが、ここから眺めるマントンの景色はこれ以上にないほどの絶景と言われています。

騒いだりせずに静かにのんびり最高の眺めを堪能しましょう。

ジャンコクトー美術館は新・旧両方のチケットをセットで買うのがおすすめ。

要塞を改造して作ったこれらの美術館は外から見てもユニークなデザインになっています。

詩人、小説家、劇作家、画家、評論家、映画監督、脚本家などたくさんの肩書を持つ天才ジャンコクトーの作品を味わってみませんか?

Super Interさん(@quatre_vingt_nk)がシェアした投稿 -

ニース

フランスと言えばパリですがここニースも忘れてはいけません。

ニースはコートダジュールの中心地でありパリに次ぐ第二の観光都市

「サレヤ広場」では日替わりで朝市が開かれています。

道の両脇にもカフェやレストランが立ち並ぶので、朝早起きして昼過ぎまでのんびりゆったり過ごすのがいいですね。

旧市街地にある「ラスカリ宮殿」は外から見たらまわりのアパートと変わらない感じ。

それだけニースは普通のアパートも美しい外観なんでしょうが(笑)

中はピンクとクリーム色を基調とした優しい雰囲気の造りになっており、他の宮殿とは違った魅力が感じられます。

Sylvie Rozanさん(@sylvierozan)がシェアした投稿 -

外観、内装ともに美しい「ニースオペラ座」

しかし、最大の魅力はなんといってもチケットの安さ。

リーズナブルにヨーロッパのオペラを味わうことができるなんて最高ですね。ニースに来たなら行っときたいところ。

ニースは旧市街地を散策するだけでもイタリアっぽいパステルカラーの街並みを楽しむことができますが、ノートルダム大聖堂サンニコラロシア正教会大聖堂など美しい大聖堂も見どころです。

フランス第二の観光地とだけあってここだけでも十分満喫できますね♪

 

こちらはサンニコラロシア正教会大聖堂。

なんかディズニーっぽさを感じたのは僕だけ?(笑)

Kerstinさん(@kerst_ine)がシェアした投稿 -

カンヌ

カンヌと言えばカンヌ国際映画祭ですね。

じゃあここに来たからにはレッドカーペットの上で写真を撮りたい!

「パレデ・フェスティバル・エ・デ・コングレ」でハリウッドスターの気分を味わいましょう。

Вероникаさん(@tallula_)がシェアした投稿 -

スター気分を味わったらそのまま近くにあるカジノ「カジノバリエール・カンヌ・クロワゼット」へ。

スター気取りのまま大金を失うなんてことがないように。

負けが続いたら外にでて静かにヨットハーパーを眺めましょう。

その他にも、国立ピカソ美術館国際香水博物館など名前を聞いただけでも行きたくなっちゃうような観光地もあります!

 

今回は2、3月のお祭りのお話でしたが、夏にコートダジュールに来たならやっぱりビーチに行きたいですね!

マントンでオレンジ祭りを堪能→ニースで市場やオペラ、大聖堂を楽しむ→カンヌでスター気分を味わう

なんてのも新しいフランスの魅力を発見できそうです♪

 

2、3月にフランス旅行に行きたい方はぜひレモン祭りへ!

 

最後まで読んでいただきありがとうございました(^.^)

-フランス
-, ,

Copyright© Ring Ring , 2018 All Rights Reserved.