スイス

スイスで街を守るお婆ちゃんに惚れる。エスカラードと周辺観光

更新日:

鍋の写真

あなたは今マンションの2階に住んでいます。

 

すると強盗が梯子を使って2階まで上がってこようとしています!

次に上げた方法のうち、どうやって撃退しますか?

 

1.スコップでたたきまくる

2.梯子を倒す

3.罵声を浴びせる

4.スープ鍋をひっくり返してかける

 

この答えが今回のお祭りにつながります。

分かりましたか?

 

正解は 4.スープ鍋をひっくり返してかける です!

これがどんなお祭りと関係するのでしょうか…?
気になる方はこちらをどうぞ!

エスカラード

今回はスイスで毎年3日間にわたって行われているお祭り「エスカラード」についてお話します。

エスカラードってどんなことするの?

エスカラードは17世紀当時、ジュネーブの民がフランスからの襲撃を阻止した出来事を忘れないように開かれているお祭りです。

ちなみにエスカラードの意味は「はしご登り」。

当時、はしごから登ってくるフランス兵にお婆ちゃんがスープ鍋をひっくり返して撃退したことが由来なんだとか。

 

テーマはちょっと暗いですがお祭りではみんなわいわい楽しんでいます。スイス人はエスカラードが大好き。

お祭り期間中は各地で特別展示を行うなど様々なイベントが開催され、スープやホットワインなどの販売する屋台も立ち並んでいます。

最終日には住民が当時を再現した衣装を身にまとい、イルミネーションとたいまつで照らされた夜の道でパレードを行うというメインイベント。

パレードでは、陽気なメロディーに合わせて人々が行進していきます。

 

終わりも近づきパレードが大聖堂に集合すると「勝利宣言」が行われ、住民の大合唱が始まるんだとか。

それを見るとジュネーブの勝利を心から喜ぶ当時の情景が浮かんできそうですね。

 

公式HP:https://www.1602.ch

☆お祭りトークタイム☆

エスカラードいかがでしょうか?

「映画の中のワンシーンなのかこれは…!」

一昔前のヨーロッパの軍隊を彷彿とさせる人たちがたくさんいます。

Amy Poolerさん(@amymelissap)がシェアした投稿 -

中でも約1000人の住民が列をなし、太鼓の音や笛の音に合わせて行進していく最終日の夜のパレードは圧倒的。

 

暗い夜、たいまつの明かりに照らされて進んでいく人々。

銃をもった兵士もいれば、馬に乗った兵長もいます。

襲撃におびえる市民も。

時には大砲の音も聞こえてくるでしょう。

 

「わたしは今どこにいるんだろう?」

 

中世ヨーロッパの戦時中に迷い込んでしまったようですね。

 

するとあなたはふと思います。

こうしてみんなが笑っていられるのも当時の住民たちの努力があったから。

当時の情景に思いをはせ、今の生活に感謝する。

お祭りって聞くと明るいイメージが多いですが、歴史を大切にして語り継がれていくお祭りがあるのも海外ならではって感じですね。

 

お祭りの象徴がお婆ちゃんのひっくり返した鍋っていうのもかわいらしい(*´ω`)

でもこのお婆ちゃん逃げずに他の兵士と一緒に戦っているってすごくありませんか?

いきなり敵の群がはしごを登って攻めてきたら普通スープなんてほっといて逃げちゃいます。

 

しかもそれがお祭りに語り継がれているってことはこんなやり取りがあったんでしょうね。

 

兵士A「この前フランス軍攻めてきたやばかったべさ~」

兵士B「んだんだ。おら少しちびっちまてたべ。」

兵士C「ありゃたまげたな~。でもおらその時見ただよ。」

兵士A「なんを見ただべか?」

兵士C「八百屋んとこの婆さんが、スープ鍋ひっくり返してフランス兵にかけとったんだべ!」

兵士B「ほえ?なしてそんなことしとるべや~?」

兵士C「おらも早く逃げろゆうたんだが、ゆうこと聞かんで『あたしもこの街を守るべ!』って言うんだ。」

兵士A「ほお~、とんでもねえ婆ちゃんだな~。その根性には惚れちまうだ。」

王様「その婆ちゃんいいネ!その話、お祭りにしちゃおっか!」

 

 

お婆ちゃんにはどうしても自分の街を守りたい強い気持ちがあったんでしょうね。

暗いテーマのはずなのにお祭りに参加するみんなの心にはどこか温かさを感じる。

その不思議な感覚がこのお祭りの魅力なんでしょうか。

 

あなたにもそれが伝わってくるはずです。

今まで味わったことない不思議な感覚を体験してみてはいかがですか?

エスカラードっていつ開催?

エスカラードは例年12月に3日間にわたって開催されるそうです。

寒い夜の道、スープで体を温めながらスイス人の心の温かさに触れませんか?

エスカラードの開催地と周辺の観光地

エスカラードはスイスのジュネーブで開催されます。ジュネーブはフランス側なので近くにはローザンヌモントルーがあります。

エスカラードの開催地ジュネーブと近くの観光地ローザンヌ、モントルーを記した地図

ジュネーブ

政治と外交の街ジュネーブ。スイス第2の都市なので観光客も多いです。

まずはアリアナ美術館やジュネーブ美術・歴史博物館、ジュネーブ自然史博物館など広くて素敵な美術館・博物館でジュネーブの芸術に触れてみましょう。

Peter Leeさん(@peter_nolgong)がシェアした投稿 -

腕時計で有名なジュネーブの高級腕時計店本社で一生ものの腕時計を買うもよし。

おしゃれな旧市街地でショッピングやカフェを楽しむのもよし。

音楽好きにはヴィクトリアホールで音楽鑑賞もよしです。
中は狭いですが超豪華な雰囲気の中聴くオーケストラは絶品。

Giulia P.さん(@giulia20_10)がシェアした投稿 -

ローザンヌ

文化の街ローザンヌには国際オリンピック委員会(IOC)本部があります。

オリンピック博物館に行ってみたり、ノートルダム大聖堂から見下ろすローザンヌやレマン湖の景色に心を奪われましょう。

ローザンヌにあるウシー城は昔は城だったものをホテルにしたそうです!
城に泊まれるチャンスめったにありません。是非この機会に王族気分を味わいましょう。

Michel Duhauboisさん(@mduhaubois)がシェアした投稿 -

モントルー

モントルーはレマン湖畔の中でもとりわけ景色のいいリゾート地です。多くのセレブがここを愛してやまないんだとか。

湖畔にそびえるシオン城に行ってみたり、湖畔をクルーズ船で観光してみたり、湖沿いのメインストリートを歩きながら景色を眺めたり…。

のんびり過ごすのがいいかもですね。

Marylou 🎈さん(@maryloubouffard)がシェアした投稿 -

ジュネーブで芸術鑑賞や時計購入→エスカラードで不思議な世界へ→ローザンヌorモントルーでセレブ気分を味わいながらのんびりうっとり

なんてのも非日常的な快感が味わえる旅行になりそうですね♪

 

12月にスイス旅行を考えている方はぜひ!そのままクリスマスをヨーロッパで過ごすなんてのも素敵です(*^-^*)

 

最後まで読んでいただきありがとうございました(^.^)

-スイス
-,

Copyright© Ring Ring , 2018 All Rights Reserved.