生活

一人暮らし料理男子が思う、料理ができて得した10のこと

更新日:

料理をする男の写真

あなたは普段料理をしますか?

 

もし一人暮らしだったら

「洗い物も大変だし、野菜買っても使い切れなくて腐っちゃうからしないな~」

っていう人もいるし

 

実家暮らしでも

「家族が作ってくれるから作る機会がなくて料理しない…」

っていう人も多いと思います。

 

僕は一人暮らしですが毎日晩御飯もお弁当を作っています!(ドヤー!)

料理をするって自分にとってプラスになることがかなり多いと思うんです。

洗い物大変とか料理するのがめんどくさいとかを覆すような、僕が得した10のことについてお話します。

かなり節約になる

その1.お金の節約について。

一人暮らしにとってこれは非常にありがたい!

 

僕はスーパーも安いところでお肉や野菜を買っているんで、お惣菜とかプラスしなければ一食200円くらいで済んでると思います。

もちろんこだわって作ったらその分お金もかかりますが、主要な調味料と油さえあればそれなりの料理は作れますよ。

 

例えば野菜炒め

豚バラ肉100g=100円

玉ねぎ1/4個…3個入り120円として120/3/4=10円

人参1/6本…3本入り120円として120/3/6≒7円

もやし1/4袋…30/4≒8円

キャベツ1枚…1玉300円で20枚分くらいあるとして300/20=15円

 

これだけで140円ですからね。

調味料分を考慮して、豆腐とキムチやミニトマトを足しても200円はいかないです。

あとは調理法や調味料を工夫してメニューを増やせばいいのだけで原価はこれくらいに収まります。

 

単純計算で

昼と夜ごはん一日400円

400×30=12000円で一カ月分です。

これ外食ばかりだったら下手すりゃ1週間で消えてしまいそうな金額ですね(笑)

 

もちろんできるだけ安いスーパーを探すことからですが、節約しようと思ったらまず自分で料理は不可欠ですね。

しっかり栄養取れる

その2.健康でいるために必要な栄養について。

 

一人暮らしだと特にですが、野菜を消費しないといけないからけっこう野菜食べるんです。

レストランで食べたりコンビニでお弁当買ったりすると野菜ってほとんどとれませんよね?

 

さっきの野菜炒めを作るときに使った野菜の量でもけっこうボリューミーになります。

しかもさっきかかった費用は40円ですから、日によって組合せを変えたり足したりすれば、安くてしっかりと栄養が取れます!

 

野菜ジュースだとけっこうお金かかるしほんとに栄養とれてるかちょっと心配ですもんね。

 

鰹茶漬けの写真

自己紹介する時趣味に料理って書ける

その3.自己アピールに使えること。

これは個人的にかなり有能なメリット(笑)

 

初対面の人とかと会う時も料理してるって言ったらウケがいいです。

家庭的でしっかりしてそうなイメージがつきますからね。

 

料理をしてるってプラスのイメージにしかならないです。

「いいわねえ、うちの息子に見習わせたいわあ」

「君は将来いい夫になるねえ」

みたいな感じで主に年上の方々からほめられます(笑)

 

でも合コンとか街コンでの自己紹介でも料理ができるっていうステータスは使えるはず!

家庭的な人はポイント高いと思いますので♪

話のネタになる

その4.話のネタに使えるっていうところ。

料理って誰もが関係することだから話しのネタにしやすいんですよね。

 

相手「昨日夜ごはん何食べたの?」

僕「昨日はコンビニで牛丼買って食べました。」

相手「そうなんだあ…」

 

で終わりそうな会話も

 

相手「昨日夜ごはん何食べたの?」

僕「昨日は家で牛丼作ったんですよ。」

相手「Nao君料理するんだ!?いつも自分で作ってるの?」

みたいな感じで派生します(凝った料理だとなおよし)。

 

相手からしたら料理好きなの?得意料理は?今日は何作る予定?とかいくらでも質問が浮かびますし、こちらからも同じような話が振りやすいです。

初対面でも使えるし、時間が経ってもふと口に出せるから便利ですね。

 

これは特に自分で料理をしている人に絶大な威力を誇ります。

ママたちと仲良くなれますよ♪

頭の回転が高速化する

その5.料理が頭にもいいってこと。

 

料理する時ってけっこう頭使うんです。

 

調味料を入れる分量・タイミング

野菜切るときの切り方や他の野菜の組み合わせ

加熱時間や火の入り方の見極め

加熱中も同時進行で作業しながら焦げすぎないように注意したり

 

などなど料理がうまくなればなるほど必然的に頭の回転も必要になります。

一人暮らしの時間がない時なんかはもういかに早く作るかを考えます。

そして早く作れた自分すげーってなって満足感も得られます(笑)

 

ボケや認知症の予防になるとも言いますし、これも外せない利点ですね!

 

鮎の塩焼きの写真

 

お・も・て・な・しができる

その6.人が来た時におもてなしができるということ。

 

これは単に友達や恋人が来てもてなせるっていうだけではないです。

料理って相手に作って喜んでもらうとこっちもかなり嬉しいんですよね。

 

自分の家に友達がお酒を買って来てくれて、自分は料理を振る舞う。

友達はおいしいって言ってくれて嬉しくなって、さらに外で飲むより食費もかなり浮くという一石二鳥効果が得られます。

 

それにもし恋人が来てくれた時に料理を振る舞うことができたら、自分の料理で恋人が満面に笑みになってくれるんですよ!

それ以上の喜びはありません。

料理してる間横から応援してくれる姿もかわいいです。

 

2人で外食に行くより経済的かつお互い嬉しく愛情も深まるという一石三鳥効果。

 

料理最高ですね。

外食の満足感が跳ね上がる

その7.外食をした際にすごく満足した気分になれるということ。

 

日ごろからずっと料理をしているとやっぱりどうしても似たような料理の頻度が増えていきます。

そうするとやっぱりたまには外食に行きたくなるもの。

 

「別に料理してなくても外食行けばおいしいし満足するんやない?」

と思った方もいるでしょう。

 

おいしさについては同じ満足感かもしれませんね。

しかし、自分で料理しているからこその利点があるんです。

 

まず、いつも節約してがんばって料理していることによりご褒美感が強まります。

もし弁当とかカップ麺とかで済ませているような人だったら外食もその一部のように感じてしまい、お金がかかった罪悪感さえ感じることもあるでしょう。

 

ですが、ずっと料理をしていてそのご褒美に外食に行ったら

「毎日お弁当作って晩御飯も作っててよかった…」

って思えます。この日くらい食費かかっても特別感があってオッケーになっちゃう。

 

そしてもう一つ、めっちゃ楽です(笑)

料理作るのって何だかんだ手間がかかるので、何もしなくてもご飯作ってくれるのってすごい楽に感じるんですよね。

これは料理する頻度が高ければ高いほど感じることになります!

 

外食だけで特別な時間を過ごした気持ちになれるのです。

親に感謝できる

その8.親に対する感謝の気持ちが大きくなること。

 

先ほど述べたように料理って大変です。

昨日と同じようなメニューにならないように考えて、お弁当と晩御飯とでまた違うように作ったり。

調理にも野菜切って肉と炒めたり、煮物作ったりと手間がかかります。

 

それを小さいころからずっとしてくれてたんです。

自分で料理して初めて気づくこの大変さ。

 

掃除や洗濯だったらやろうと思えば誰でもできるからそんなに感謝を感じないかもしれません。

 

何度も言います、料理は大変です。

お母さんやおばあちゃんに今までありがとうと言いたくなります。

 

あとレストランで食事したときも感謝の気持ちがおおきくなって「ごちそうさまでした」って自然と言うようになります。

 

こればっかりは自分で毎日やらないと本当の大変さはわかりませんからね。

野菜炒め調理中の写真

将来的に結婚したとき役に立つ(と考えている)

その9.結婚した時に重要な役割をはたすこと。

これは男性向けかつ僕の予想も含みます。

 

やっぱり男性が料理できると女性に対するプレッシャーや負担を軽減することができて、夫婦円満になるんじゃないかと思うんですよ。

「料理は女性の仕事だ!」

とか古い考え方持ってる人より

「僕も料理するよ~!」

って考えの人の方が女性も気持ち楽ですよね。

 

それに男性が自分で料理できることで、奥さんがいないときでも勝手にご飯作れるし子どもにも作ってあげられます。

ご飯待つ旦那さんも、待たせてる奥さんもお互いストレス感じなくて済むのです。

 

僕のまわりでも男性が料理ができる夫婦の方が2人の仲がいいことが多いような気がします。

料理すると性格まで家庭的になるってこともあるのかも。

精神的に余裕ができる

その10.精神的な安定について。

これは今までのすべてを総合した感じです。

 

食費を抑えられることで経済的余裕ができるし、栄養も取れることで身体健康的余裕ができます。

体に悪いもの食べてると生活習慣病とか不安になりますし。

 

料理ができたらとりあえず一人で生きていくことができるっていう気持ちの余裕も出てきます。

恋愛面でも大きなプラス要素があるっていうことで自信にもつながる。

親や飲食店の店員さんに心から感謝できるようになることで、人として成長して大きくなれます。

 

こんな風に料理は精神的にもいい影響をもたらすのです。

 

まとめ

料理ができて得した10のこと

その1.節約できる

その2.健康になる

その3.自己紹介で役立つ

その4.話のネタになる

その5.頭の回転がよくなる

その6.おもてなしして幸せになる

その7.外食でより満足できる

その8.親に感謝できる

その9.夫婦円満になる

その10.精神的に余裕ができる

 

いかがでしたでしょうか?

料理のメリットすごいですね(笑)

でも実際デメリットはないと思います。

それでもしない人が多いのは単にめんどくさいからってだけです。

 

そのめんどくささを超えた先にはこれだけの利点があります。

今もうずっと料理をしている人はそのまま続けて、まだあんまりしてないって人はぜひ料理を始めましょう!

 

 

最後まで読んでいただきありがとうございました(^.^)

-生活

Copyright© Ring Ring , 2018 All Rights Reserved.